【LPIC1対策(2)】主題102:Linuxのインストールとパッケージ管理

スポンサーリンク


本記事ではLPIC1(Ver4.0)101試験に合格するため『主題102:Linuxのインストールとパッケージ管理』について自分が勉強したことをまとめました。

LPIC1(Ver4.0)101試験の出題範囲はLPICのサイト(101試験範囲)に掲示されており、以下の様になっています。



目次

目次



事前準備

1.Linuxの環境を用意する


LPICを勉強する上でLinuxの環境で実際に動かしてみるとよいです。Windows上でも仮想Linux環境を構築すれば簡単にLinuxを動かすことができます。以下にWindows上でubuntuを構築する方法をまとめました。参考にしてください。


Windows上でubuntuを構築する方法

2.テキストを購入する


Linux教科書 LPICレベル1 Version4.0対応』を参考にしながら勉強しました。このテキストにそって重要なところのみピックアップしてまとめているので大元はこちらのテキストを参照してください。



(102.1)ハードディスクのレイアウト設計



Linuxに必要なパーティション

Linuxに必ず必要なパーティションは以下の2つ
1.ルートパーティション
2.スワップ領域
スワップ領域は物理メモリの1倍から2倍とるのが一般的だが、必ずしも1倍以上必要というわけではない



代表的なパーティション

/home
一般ユーザが利用するファイルが格納される
/var
ログファイルなどの更新頻度が高いファイルが格納される

/usr
プログラムやライブラリ、ドキュメントなどが格納される

/boot
ブート用に確保するパーティション
ディスクの先頭パーティションを数100MB程度確保したほうがいい

/スワップ領域
仮想メモリ領域として利用されるパーティション
物理メモリが不足した場合などに使用させる

/(ルート)
上記以外はルートになる。できるだけ小さくするとよい



(102.2)ブートマネージャのインストール



grub-installコマンド(GRUBをインストール)

ブートローダーGRUBをインストールするコマンド

【ブートローダーGRUBをインストール】
> grub-install [オプション] [デバイス名]

・オプション

・コマンド詳細
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20140212/536210/



GRUBの種類

GRUBは2種類ある
・GRUB Legacy
バージョン0.9x系
・GRUB2
バージョン1.9x系


GRUB LegacyとGRUB2の違い

・GRUB Legacyのバイナリ―ファイルはstage1,stage1.5,stage2のような構成
・GRUB2ではboot.img,core.imgのような構成

・GRUB Legacyでは/boot/grub/menu.lstと/boot/grub/grub.confが設置ファイル
・GRUB2では/boot/grub/grub.cfgが設定ファイル



/boot/grub/menu.lstでGRUB Legacyを設定する

GRUB Legacyの設定ファイルは/boot/grub/menu.lst
また、/boot/grub/grub.confも設定ファイル

主な設定パラメータは以下

・「root=***」でルートデバイスを指定
  (hd1,1)=>/dev/hdb2と0スタートで指定する
・「Kernel」で設定できる項目として、ルートパーティションの指定、カーネルメッセージの抑制(quiet)を指定できる。
・起動時にカーネルに渡された引数を確認するには/proc/cmdlineファイルで確認できる



grub-mkconfigコマンド(GRUB2の設定ファイルを生成)

GRUB2の設定ファイルを生成するコマンド
/etc/default/grubで設定した値から/boot/grub/grub.cfgを生成する。

【GRUB2の設定ファイルを生成】
> grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg

補足
・GRUB Legacyと同様に起動メニューまでのタイムアウト時間やカーネルのオプションを指定したりできる。
・update-grubコマンドで/etc/default/grubから/boot/grub/grub.cfgを更新する。
・GRUB2の設定ファイル/boot/grub/grub.cfgではデフォルトのOS(GRUB_DEFAULT)、起動するまでの待機時間(GRUB_TIMEOUT)、カーネルに渡すデフォルトオプション(GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT)などが設定できる。



ブートオプション

・起動時の画面でAキーかEキーでブートオプションを指定することができる。
・USBの使用可否、シングルユーザモードでの起動などの設定ができる。
・エラーで起動しない時などは「init=シェル名」と、シェルを変更して起動をすることができる。



(102.3)共有ライブラリの管理



静的ライブラリと共有ライブラリ

・静的ライブラリ
コンパイル時にプログラム内に組み込まれるライブラリ
・共有ライブラリ
プログラム実行中にロードされるライブラリ



検索する共有ライブラリの指定

デフォルトでは/lib,/usr/libディレクトリしか検索されない。
・検索ライブラリの追加
/etc/ld.so.confファイルに検索したいライブラリ名の絶対アドレスを記載
・検索対象のディレクトリの追加
環境変数LD_LIBRARY_PATHにディレクトリを追加



共有ライブラリが検索される順番

プログラム実行中はld.soリンカが以下の順にライブラリを検索している
1.環境変数LD_LIBRARY_PATH内のディレクトリ
2.キャッシュファイル/etc/ld.so.cashe
3./lib,/usr/lib



lddコマンド(共有ライブラリの依存関係を表示)

共有ライブラリの依存関係を表示するコマンド
(実行ファイルが必要な共有ライブラリを表示する)

【共有ライブラリの依存関係を表示】
> ldd [実行ファイル]

・コマンド詳細
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20140127/532486/



ldconfigコマンド(共有ライブラリの依存関係を更新)

共有ライブラリの依存関係情報を更新するコマンド
/etc/ld.so.confファイルから/etc/ld.so.cacheを再構築する

【共有ライブラリの依存関係を更新】
> ldconfig

・コマンド詳細
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20140127/532504/



(102.4)Debianパッケージ管理の使用



Debian形式のパッケージファイル名




dpkgコマンド(Debianパッケージをインストール・アンインストール)

Debianパッケージのインストール・アンインストールを行うコマンド

【Debianパッケージをインストール・アンインストール】
> dpkg [オプション] [Debianパッケージ]

表示に関するオプション

インストールに関するオプション
dpkgは「GEi」がポイント

アンインストールに関するオプション

コマンド詳細
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20060227/230747/

補足
・dselectコマンド:対話的にパッケージ管理できるUIを起動
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20140428/553545/



dpkg-reconfigureコマンド(Debianパッケージを再設定)

インストール済みDebianパッケージを再設定するコマンド

【Debianパッケージを再設定】
> dpkg-reconfigure [オプション] [Debianパッケージ]

オプション

コマンド詳細
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/230520/082700008/



apt-getコマンド(パッケージのインストール/アップデート)

パッケージを取得してインストール/アップデートするコマンド

【パッケージのインストール/アップデート】
> apt-get [オプション] [サブコマンド] [パッケージ]

オプション

サブコマンド

コマンド詳細
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20060227/230709/

補足
・パッケージをアップデートする方法
1.「apt-get update」で最新のパッケージ情報を取得後
2.「apt-get upgrade」でパッケージを最新にアップデート

・「apt-get upgradeコマンド」はrootユーザしか使えない
・「apt-get upgrade –show-upgraded」はupgradeコマンドで更新されるパッケージの一覧を表示
・「apt-get remove –purge」でremoveオプションでも設定ファイルを含めたアンインストールが可能
・「apt-get upgradeコマンド」はインストールされているすべてのパッケージのアップデートをするが、アップデートに既存パッケージの削除や新規パッケージのインストールが必要なものがある場合は、パッケージのインストールを行わない。
・一方、「apt-get dist-upgradeコマンド」は可能な範囲で既存パッケージの削除や新規パッケージのインストールを行う。



apt-cacheコマンド(パッケージの問合せ)

パッケージに関して問い合せるコマンド

【パッケージの問合せ】
> apt-cache [オプション] [サブコマンド] [パッケージ]

オプション
範囲外

サブコマンド

コマンド詳細
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/230520/082700007/



aptitudeコマンド(パッケージのインストール/アップデート/検索)

パッケージを取得してインストール/アップデート/検索するコマンド
正規表現を使った検索をすることができる

【パッケージのインストール/アップデート/検索】
> aptitude [サブコマンド] [パッケージ]

サブコマンド



パッケージ管理対象のサイトを登録する(/etc/apt/sources.listファイル)

apt-getコマンドでパッケージ管理をする対象のサイトを/etc/apt/sources.listファイルに登録する



(102.5)RPMおよびYUMパッケージ管理の使用



RPM形式のパッケージファイル名

RPMはRed HatやFedora、CentOS,openSUSEなどで実装されている



rpmコマンド(パッケージのインストール/アンインストール)

RPMパッケージをインストール/アンインストールするコマンド

【パッケージのインストール/アンインストール】
> rpm [オプション] [サブオプション] [パッケージ]

オプション
インストールは「UFi」

サブオプション(インストール/アップグレード)

サブオプション(アンインストール)

サブオプション(情報取得)

その他のオプション
「-V(–verify)」オプション:パッケージが正しくインストールされているかをパッケージデータベースを比較して検証する。

コマンド詳細
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20060227/230875/

補足
・rpmパッケージに関する技術ドキュメントは/etc/share/docディレクトリに格納
※ちなみに、オンラインマニュアルは/etc/share/manディレクトリ



yumコマンド(パッケージのインストール/アップデート)

パッケージを取得してインストール/アップデートをするコマンド

【パッケージのインストール/アップデート】
> yum [オプション] [サブコマンド]

オプション
範囲外

検索・表示に関するサブコマンド

インストールに関するサブコマンド

アンインストールに関するサブコマンド

コマンド詳細
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20060228/230999/

補足
・「yumコマンド」を使ってパッケージをアップデートする方法は以下
1.「yum check-updateコマンド」でアップデートが必要なパッケージの確認
2.「yum updateコマンド」でインストール済みのパッケージをアップデート
・yumコマンドはパッケージアップデートを「update」で指定する。他のapt-getコマンドは「upgrade」、rpmコマンドは「-i」,[-U],「-F」のため注意
・「check-updateオプション」:システムの全パッケージ対象となるパッケージの情報表示



yumdownloaderコマンド(パッケージのダウンロード)

パッケージをダウンロードするコマンド
(インストールはしない)

【パッケージのダウンロード】
> yumdownloader [パッケージ]



yumに関する2つのファイル

/etc/yum.confファイル

yumの設定ファイル(ログファイルの指定など)

/etc/yum.repos.dディレクトリ

リポジトリの設定ファイル(リポジトリのURLなど)
このディレクトリの配下に~.depoというファイルができる



関連するページ


LPIC-1 試験対策のまとめページ

【LPIC1対策】LPIC-1試験対策 まとめ
LPICレベル1の出題範囲について自分が勉強したことをまとめました。


(次の章) 【LPIC1対策(3-1)】主題103:GNUとUnixのコマンド(103.1-103.3)

【LPIC1対策(3-1)】主題103:GNUとUnixのコマンド(103.1-103.3)
LPIC1(Ver4.0)101試験に合格するため『主題103:GNUとUnixのコマンド』の(103.1-103.3)について自分が勉強したことをまとめました。


(前の章) 【LPIC1対策(1)】主題101:システムアーキテクチャ

【LPIC1対策(1)】主題101:システムアーキテクチャ
LPICレベル1の出題範囲である『主題101:システムアーキテクチャ』について自分が勉強したことをまとめました。







以上!!!

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
Powered by YSKTEC.COM