VMwareの「MKSに接続できません:ソケットの接続試行が多すぎます。中止します。」エラーを解消したい!!!

スポンサーリンク


VMwareを使ってLinux仮想環境をWindows上に構築しようとしたときに「MKSに接続できません:ソケットの接続試行が多すぎます。中止します。」をいうエラーがでて、うまくLinux仮想環境を構築できませんでした。
本記事ではいろいろ調べた結果解決したので、その方法をまとめたいと思います。

目次



やりたいこと


『MKSに接続できません:ソケットの接続試行が多すぎます。中止します。』エラーを解消します。




事前準備

1.VMwareをインストールする

インストールがまだでしたら、仮想マシンソフト「VMware Player」のインストール方法を参考にしてインストールしてください。

2.Linuxのisoファイルをダウンロードする

ダウンロードがまだでしたら、仮想環境を構築したいLinuxのisoファイルをダウンロードしてください。

ubuntuのisoファイルのダウンロード方法についてはWindows上でLinuxの仮想環境を構築したい!!!の手順1でまとめています。よろしければご参考にしてください。



手順概要



手順1.VMware Authorization Serviceを起動させる

コンパネのシステムとセキュリティの管理ツールからVMware Authorization Serviceを起動させます。


コンパネの管理ツールをクリック

1.『コントロールパネル』の『システムとセキュリティ』の『管理ツール』をクリックします。



『サービス』をクリック

1.『サービス』をクリックします。



『VMware Authorization Service』を起動させる

1.『VMware Authorization Service』を選択します。
2.右クリックし、『開始』をクリックします。



VMware Playerを再起動させる

1.『ゲストを再起動』します。
2.再起動後、うまく接続できるようになるはずです。




まとめ

本記事では「MKSに接続できません:ソケットの接続試行が多すぎます。中止します。」をいうエラーの解消法を紹介いたしました。
本記事がご参考になれば幸いです。

以上!!!

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
Powered by YSKTEC.COM